こんにちは。kaoruです。
私ども占い師には、いろんな相談があります。
今日は占い💡とは、直接には関係がない?というかむしろ私ども占い師の方が心得ておかないと😊というお話しになりますが…
相手の心に入る話し方❕についてのお話しです。
連休明けのご相談の方から…相手の心に入る話し方を教えてほしいと…その方は営業の仕事で結果が出せず…での相談でした。
一言で私なりの言葉なら、《想いを込めて話すこと》なのですが…
私が師と仰ぐ(私が勝手に尊敬してるだけで師弟関係などはありません)島田秀平さんの書籍を読ませてもらった記憶と合わせて書かせてもらいます(^^)
まずは相手との心の距離を縮めたい場合は、対面で座るのは避けた方がいいとされています。対面で座ると文字通り対立的な感情が湧き上がりやすく険悪な空気が生み出されやすくなったりするそうです。
おすすめは、直角で斜め向かい合うのが良いと言われています。そして相手の右耳からお伝えすると…左耳よりイエス❕と言ってもらえる率が倍になるようです。その理由は…ごめんなさい詳細は忘れてしまいましたが…伝わり方の右脳と左脳の関係から立証されてる。だったかと思います。
次に視線ですが、大事な話をしたい時は、相手の目を見て力強く話すことと…一般的には思われがちですが、営業の仕事などで長時間ずっと目をみつめて話すことは相手にとってプレッシャーになることもあります。なので視線は、目より鼻先を見る❕がいいようです。たまにさりげなく目を合わせる。これなら照れ屋さんにも出来ますよね(^w^)鼻先を見ながら会話することで、目を見てると思わせながらも実際に見つめるよりも柔らかな印象を相手に与えることが出来るみたいですので、まずは親しい人と練習してみてください(^^)
営業の皆さん、日々ご苦労様です。
結果を出すことは、大切ですが、前回のblogでも申し上げましたが、結果がうまくいかなくても、何も動かないより、挑戦あるのみです。
動いてたら運気も日々⤴️上昇ですから🙌👏